防災無線が毎日TVされているんですよね

現下、市の防災無線で還元財貨嘘っぱちの働きかけの企画が流されてました。私の市では振り込め嘘っぱちや還元財貨嘘っぱち、オレオレ嘘っぱちが多いらしく、こうやって一般人からの連絡が入ると、再三、本日、還元財貨嘘っぱちの呼出しがしないでかかってきていますという防災無線が漏れるのです。何故か毎日のように聞いてますよ。その他、こういう暑さですから、没頭症の働きかけの企画、高齢化のせいで、迷い人の企画という感じで連日、防災無線が流れていてちゃんとかなり、これらに関係ない自身は苛苛しますよね。ただでさえ、暑くてイライラしているのに。しかもこういう防災無線、繰り返しますって言って、おんなじ案件二回いうから、これまたやかましいんですよね。いつの市もあんなもんなんでしょうか。嘘っぱちの呼出しはお婆さんで弁護士だなんてかかってきて、深刻な言及をされたら、誰だってびびりますから、そんな防災無線で気持ちをつけろなんて言ったって、だまされるお客様はだまされますよ。でも、年寄りになると、三男の音声も判別できなくなるのですかね。http://nyota.co/yoyaku/

空気やお日様定数などについて練習をしました

エアなどについて学習しました。日光照射精力の受けとり方の緯度による違いが、エアや海水の運動をひき引き起こし、また季節による受けとり方の違いが空模様の季節ゆらぎを生み出しています。地球はいつも日光からの照射を受けていますが、その入射分量と等量のエナジーが地球から大気圏出先に照射され、地球のエナジー収支が保たれています。私たちの視覚に見える輝きは、電磁波の一種です。電磁波は波長の短いものから長いものへ、γ線・X線・UV・輝き・赤外線・電波に区分されます。日光から照射されている電磁波(日光照射)の波長別の精力の強さは、輝きの面がやはりきつく、それより波長の長い周辺も、少ない周辺も弱くなっています。地球が浴びる日光照射を日射といいます。地球と日光の隔たりがそのレベル距離にある際、大気圏の最上部で日光照射に垂直なポイントが受ける日射分量は1.37kW/�uだ。これを日光定数といいます。結構勉強になりました。視力回復 こども