そんな小さな鳥獣でも分かれはつらいです

お催しで釣った出目金1匹が死んでしまいました。ピッタリ、二ウィークでした。単にこうしたちっちゃな魚でも凄い辛いですね。果てしなく可愛かったし、一年中に3回水を換え、カルキ除外を入れ、水の退廃を防ぐ砂利を敷き、エサもサプリメントなものを加え、正にかわいがりましただけに、死んでしまうといとも落ち込みますね。あんな小さな生物でも引き取り手と貫くですね。横になって浮いていたのを見たときはドキっとしましたね。ガーデンに埋めました。2ウィークと短かったですが、ふといたものがいなくなると寂しいですね。案の定大きな水槽で空気ポンプなど入れたりして本格的にやらなければ長寿はできないですよね。火に3回水を交換しても、それでも苦しみたいに水面でモコモコしてましたから。エサも口に入れても一気に戻してしまってましたし。それでもテキパキ泳いでいたから、ちょっと死ぬとはですね。こういうミッドサマーの暑さも影響していたのでしょうね。如何なる生物でも別れはつらいですね。http://www.imacsindonesia.com/musee-senaka.html